FC2ブログ

boulangerie recolte は美味しいパンを追い求めます。

神戸のパン屋、ブーランジェリー レコルトと申します。 美味しいパンを作るため、食べるために毎日追いかけています。 レコルトの一番のファンが私であるようなパン屋を目指します。

KOBEサンドイッチイベント

1980120_610393142374090_1528982015_o.jpg
3/15土曜日、トリトンカフェにてKOBEパンプロジェクトによる、サンドイッチイベントがありました。
3月13日は「サンドイッチの日」ということで、このイベントが実現しました。

メツゲライクスダの楠田シェフが作る、パテやハム。弓削牧場の弓削さんが作るチーズ

これらを使って、パンプロメンバーがサンドイッチを提案しました。

1人 1アイテム。
この素材を使い、生かしたサンドイッチを作る。このテーマに苦労しました。
私に与えられたのは、楠田シェフが作るジャンボンブランという豚の太もも丸ごと1本使ったハム。
01b1d23f207732f17d15b11e97cd14ae89d0071d6c.jpg
最初「ハム」と聞いてイメージしたのは、
イチジク。
イチジクの甘みと、ハムの塩気。これが非常に合うことを知っていたので、楽勝に話は進みそう・・・そう思っていました。
ところが・・・
サンプルのジャンボンブランが来てびっくり!!
なんともシンプルな・・・
塩気も控えめで、お肉の味がじんわり。
そのまま「肉」を食べている感覚。

「これが本当のハムですよ」と楠田シェフ。

これは相当計画が狂いました(笑)

こんな控えめで、でも旨味があって・・・この子を生かすパン。

出しゃばらず、でもしっかり存在感があって、お互いが引き立たせあい、相乗効果のでるパン。

これを探すのに苦労しました。

今までは、自分が好きなパンを突き詰めて作る。そしてそれに合う素材を探す。

そんな毎日でしたが、先に素材が来て、それに合うパンを探す。

このむずかしさを改めて知りました。

IMG_1605.jpg

いろんな素材を練りこんだパンを試しましたが、
結局行きついたもの。
それは「バゲット」でした。

何も無駄なものは使わない。
でも食感や香ばしさ、塩気の感じるバゲット。

これが一番でした。

そのままパンにハム。これで十分だと思いましたが、
ここはパンプロジェクト。

そんな素材だけに頼る。楠田シェフだけに頼るようではやっていけません。
パンプロって、楽しそうに見えますが、みんなプロ意識が高い高い!!

常に目を光らせて上を見てるシェフばっかりです。
常に半歩でも前に進んだものを探求します。

今回は仕入れられたハムも少なかったのもありますが、
新じゃがをマッシュポテトにして、そこにクリームチーズをたっぷり入れてなめらかに。

そしてオリーブオイルに香りづけして、パンにかけて仕上げました。

素材を生かす。このテーマに関してはまだまだ赤点です。

01c5b82bd49846bbc2456ed5319781fe5244842fa5.jpg

でも、こうやって一つの形が生まれる楽しさをまた知ることができました。

これからも、もっともっと努力して、美味しいものに出会いたいです!!

やっぱり美味しいものは最高です!!
スポンサーサイト



  1. 2014/03/16(日) 05:48:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | サ・マーシュにて勉強会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://painrecolte.blog.fc2.com/tb.php/579-6ef4e1b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

recolte店主

Author:recolte店主
boulangerie recolte
recolteはフランス語で「実る・収穫する」という言葉です。
季節があって、待ち望んで努力して・・・そして実りの時期が来る。パンの工程もそうです。時には20時間を超える発酵・熟成というプロセスを超えて、美味しいパンが焼きあがったとき、そしてそれを食べてくれた方の笑顔。それが私の実りの時期です。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

レコルトの商品 (8)
新商品開発 (5)
未分類 (1127)
プライベート・家族 (2)
プライベート・グルメ (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR